カプセルと瓶とスプーン
公開履歴
黄色のカプセル

トリキュラーは、合成卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと合成黄体ホルモンのレボノルゲストルが配合されている第2世代経口避妊薬です。
副作用の抑制や自然なホルモンバランスの為にレボノルゲストルの配合量を3段階で調整している3相性低用量経口避妊薬です。
トリキュラーは、

  • エチニルエストラジオール0.03mgとレボノルゲストル0.05mgが配合された赤褐色糖衣錠
  • エチニルエストラジオール0.04mgとレボノルゲストル0.075mgが配合された白色糖衣錠
  • エチニルエストラジオール0.04mgとレボノルゲストル0.125mgが配合された淡黄褐色糖衣錠
  • 合成ホルモンが配合されていない大きな白色糖衣錠のプラセボ錠

これら4種類の錠剤の大きさや色を変え、飲み間違いを起こり難くしています。

トリキュラー21錠は、横7列1週間分が縦3段3週間分で1シートに21錠あり、シートに左上より服用初日~6日目までの赤褐色糖衣錠6錠が並んでいます。
続いて7日目~11日目までの5日分の白色糖衣錠5錠が2段にわたり並び、最後に淡黄褐色糖衣錠10錠が2段にわたり並んでおり、カレンダーシールを貼り順番に服用します。
トリキュラー28錠は、21錠のシートに大きな白色糖衣錠のプラセボ錠が7錠が足されており、同様にカレンダーシールを貼り左上より順番に服用します。

トリキュラーは、低用量経口避妊薬なので合成ホルモンの配合量が少なく抑えられています。
レボノルゲストルの半減期も22時間なので確実な避妊効果を維持する為に、トリキュラーの服用は毎日同じ時間にする必要がありますが、24時間以内の飲み忘れならば速やかに服用すれば問題が無いとされています。
24時間以上の飲み忘れに関しては、服用を中止し次の生理から新しいシートで服用を開始しますが、避妊効果が現れるまでは他の避妊が必要となります。